オリーブオイルはどう選べばいいの?

オリーブオイルが身近になった昨今、様々なオリーブオイルを目にします。選ぶときにどれを基準にしたらいいのか?

オリーブオイルの最高峰がエクストラヴァージンオリーブオイルです。

EU基準では、薬品による化学処理や精製・熱処理などを一切行わずにつくるオイルで酸度が0.8%以下。と認められる必要があります。

ですが、製造過程や原料などで実態は様々なのです。

オリーブの種類もさることながら生産される地域や文化によってオイルの抽出方法も様々です。

そして何より大切なことが大量生産やコスト削減のためにオリーブ本来の風味や滋養を損なうような作り方をされていないかです。

ラベルに「エクストラバージン」と書かれていてもすべて同じオイルではないことはぜひ知っていて欲しいです。

賢い消費者であり食と人生に喜びを見出す人々ために、美味しいオイルを厳選販売。

 

イタリア オレアリア社が生産するエクストラバージンの顔。自然精製度の高さからそのまま化粧品として用いられるほど。ハートハウススタッフも愛飲する人気のノストラーレ。

パンに付けたり、サラダにかけたり、様々な使い方ができます。

そして、プロの料理人も認める最高品質!

最高の収穫期に手摘みで実を選別。

化学的処理は一切されません。

オリーブオイルの原点といわれるほどの

純正品で、日本料理にもよく合います。

一般のお店では販売しておりません!!

酸度0.2%

500ml ¥2,250-(税別)

※複数のご注文でお安くお求めいただけます。

オーガニック認定品。

2014年度は、有機のオリ2ブが不作で希少なヴァージンオイルとなりました。

こちらは有名なイタリアTURRI社のオイル。

世界基準に合ったオーガニック農法により1989年から生産を始めました。“RUSTICO"(田舎の、素朴な意)はイタリアの認定機関によってオーガニック認証を受けた貴重なオリーブオイルです。

こちらの品目は、一般小売りはされていない商品。

希少な有機ヴァージンオイルがご家庭で味わえます。

 

 

 

酸度0.3% 500ml ¥2,950(税別)

※複数のご注文でお安くお求めいただけます。


※酸度とは?「酸度が低い=収穫後早く絞った」という意味です。

ご家庭で本格的な出汁が簡単に。

 

塩分制限のかかっている方。

お子様の離乳食などで塩分の無い出汁をお求めの方。

簡単においしい本格的な出汁をお求めの方。

お料理大好きな方。

そんな方々にお勧めの金沢発の完全無添加出汁です。

塩がほとんど入らないお料理は何とも美味しくなく味気ない・・・。

そこで日本全国の様々な出汁を調べました。

塩分の最も少ない完全無添加な出汁。

そして、こだわりは、日々の調理で簡単に出汁がとれるものである事。

調べれば調べるほどパッケージされた出汁には、塩が添加されている事(干した魚は塩分添加)

それならばと、こんぶとかつおのみで作れないかと地元金沢の老舗である業者との共同開発で家庭用を作ってもらいました。金沢の料亭や有名旅館に業務用として古くから使われています。

本格的にお出汁を取ることは、ちょっと面倒。

ついつい市販の簡単に取れる顆粒の調味料に頼ってしまいがち。

でもこちらなら忙しい主婦の強い味方になってくれます。

子供も喜ぶ本物の味をぜひご家庭で味わって下さい。

 

 

1パック 15g×10袋入り ¥500-(税抜)

※1パック(15g)で約700ccのお出汁がとれます。冷蔵庫で5日間ほど保存可能。